世界日報 Web版

衆院では中選挙区制復活を


浅野 和生

平成国際大学教授 浅野 和生

 非自民政党の政党再編には、常に「自民党政権に代わり得る政権の受け皿作り」が掲げられる。また、さまざまなテレビや新聞が、政権交代が一定のペースで繰り返される二大政党制こそ民主的な政党システムの典型であると主張する。

 しかし実は、世界各国において、二大政党制はかなり少数派の体制にすぎない。戦前から日本が模範と仰いできた英国の議会政治においては、確かに戦前戦後を通じて二大政党政治が行われてきた。また、アメリカでも、共和党と民主党の二大政党政治が続いている。しかし、それ以外の国はどうだろうか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ