世界日報 Web版

緊急事態条項めぐり護憲派メディアに遠慮する「平時ボケ」の自民党


◆大震災に政府は無策

 東日本大震災から7年を迎えようとしている。3・11。心に刻まれた月日である。

 私事で恐縮だが、筆者の自宅は福島県郡山市にある。地震発生時、東京・渋谷にいた。ビルの事務所のケース棚が倒れ、ガラスが飛び散った。近くの代々木公園に避難し、急いで携帯のテレビを見ると、大津波が映し出されていた。字幕を見て愕然(がくぜん)とした。知人の住む仙台市若林区の荒浜だった(後に知人一家の死亡を知った)。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ