世界日報 Web版

名護市長選勝利と今後の展望


西田 健次郎

OKINAWA政治大学校名誉教授 西田 健次郎

 沖縄県名護市長選の勝利のうれしさに久しぶりに感涙した。

 翁長雄志知事や稲嶺進前市長は、普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設が争点から外されたと負け惜しみを言っているが、有権者をばかにしてはいけない。辺野古移設をめぐって県と国が裁判中であることは事実であり、国が敗訴したら辺野古移設の中止もあり得るのだ。市長が賛成、反対うんぬんと騒いでいる時ではない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ