世界日報 Web版

国際法に沿った憲法解釈を 篠田英朗氏


篠田英朗氏

憲法改正 私はこう考える

東京外国語大学大学院教授 篠田英朗氏(上)

憲法改正のカギを握る野党第1党、立憲民主党の枝野幸男代表は「憲法は国民が権力を縛るためのルールである」との「根本的な理解」が議論の前提という考えを表明している。このような立憲主義の理解をどう評価するか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ