世界日報 Web版

「オール沖縄」VS自公、3週連続 選挙イヤー 17市町村長選、30市町村議会選


選挙イヤー 17市町村長選、30市町村議会選

沖縄県知事・那覇市長選同日も

 沖縄県は2018年、11月の実施が予定されている県知事選をはじめ、名護市や那覇市を含め17の市町村長選挙、さらには、30の市町村で議会議員選挙が行われる「選挙イヤー」だ。知事選や市長選は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する「オール沖縄」勢力と、与党の自民、公明との全面対決となる。(那覇支局・豊田 剛)

 翁長雄志知事(67)は4日の年初演説でこう述べた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ