世界日報 Web版

憲法の平和主義とは何か


竹田 五郎

軍事評論家 竹田 五郎

 9月28日付の東京新聞は「憲法と立憲主義の危機」と題し、臨時国会の冒頭解散について憲法学者らの緊急声明について報道している。その要旨は次の通りである。

 27日、憲法研究者有志89人が「解散、総選挙に至る手順は議会制民主主義の趣旨にそぐわない」との声明を発表。今回の解散は解散権行使乱用で、憲法の趣旨に違反すると主張。総選挙では改憲が争点にされるとし、安倍総理提案の憲法9条への自衛隊の存在の明記は、憲法の平和主義への大きな脅威だと訴えている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ