世界日報 Web版

日本共産党の綱領を糺す 「天皇制」打倒が根幹に


久保田 信之

NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

偏った歴史認識で観念的闘い

 安倍首相は「民進党と共産党がこんなにずぶずぶの関係となった選挙は初めてだ。民進党はどうかしている」とまで先の都議会議員選挙を評して公言したことがあった。他党のことをここまではっきりと批判することは珍しいが、こともあろうに基本的な政治理念も社会理念、イデオロギーも大きく違う日本共産党と、たとえ「一時の選挙協力」だとしても、提携・協力関係に入ったことは「民進党はどうかしている」と感じても不思議はない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ