世界日報 Web版

第3次改造内閣 一歩退き政局の鎮静化図る


第3次改造内閣 信頼回復へ始動(上)

 第3次安倍第3次改造内閣が3日、発足した。急落した内閣支持率を挽回し政治への信頼を回復するため、安倍晋三首相は政権基盤を再構築し、安全保障や憲法改正などの重要諸懸案に本腰を入れて取り組んでいかねばならない。

 安倍首相は世襲議員の中では特に家系に対する思いが強いといわれる。それは首相が議員生命をかけて取り組む二つの課題を見ても明らかだ。憲法改正は祖父、岸信介元首相の悲願であり、北方領土問題の解決は父、安倍晋太郎元外相が取り組んだ課題だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧いただくには世界日報 電子版のご購入(有料会員登録)
が必要です。(最大1カ月間無料!カード支払のみ)
すでに会員の方は、ログインしてご覧ください。
新規会員登録へ ログインへ

PAGE
TOP