世界日報 Web版

都議選で「受け皿」になれなかった民共路線の「大」惨敗に沈黙する朝日


◆来る総選挙に関心

 都議選から1週間、自民党の歴史的惨敗の余波はまだ続いている。都議選は地方選とはいえ、有権者は1000万人を超え、しばしば国政選挙の先行指標となってきた。それだけに来る総選挙にどんな影響を及ぼすのか、おのずから関心が高まる。

 産経は、都議選の出口調査データを衆院東京全25選挙区に当てはめた各選挙区シミュレーションを行い、小池百合子都知事が率いる「都民ファースト」が国政に進出した場合、自民党は1勝24敗になると試算している(5日付)。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ