世界日報 Web版

教育でWGIPの影響脱却を


小林宏晨氏

日本大学名誉教授 小林宏晨氏(上)

今、憲法改正するとしたら焦点はどこになるか。

 憲法改正の目的として四つばかりある。

 一つは安全保障。普通の国家並みの安全保障を共有できるための改正だ。もう一つは、環境問題をどう考えるか。いま一つは二酸化炭素(CO2)の排出をどのように規制するか。四つ目は核問題をどうするかだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ