世界日報 Web版

「前文」に反する9条は憲法違反


小川和久氏

静岡県立大特任教授 小川和久氏(上)

 今年、日本国憲法は連合国軍占領下の公布から満70年を迎える。既に公布当時とは劇的に変化した内外情勢と憲法条文との乖離(かいり)が多くの弊害を生んでおり、その溝を埋めるため真摯(しんし)な議論と積極的な行動が何よりも必要となっている。そこで各界の専門家に憲法改正の焦点について語ってもらった。(聞き手=政治部・小松勝彦)

安全保障法制は憲法違反だという意見もあるが。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ