世界日報 Web版

罪重い犠牲者数捏造、住民死者は最大5万5000人


菅直人氏

歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
上原 正稔 (23)

 「平和の礎(いしじ)」の隠された真相については初めて明らかにした。そこに刻印された沖縄出身者のほとんどが沖縄戦とは関係ないことも理解できたものと思う。それでは、沖縄戦で一体何人の沖縄住民が死んだのか、について調べよう。

2011年の「慰霊の日」に参列した菅直人首相(当時)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ