世界日報 Web版

非核化見返りは独裁維持資金? 米朝首脳会談めぐり諸説紛々


トランプ氏(右)と金正恩

 来月12日にシンガポールで開催予定だった米朝首脳会談。双方が取り止(や)めや延期などに言及しながら駆け引き、応酬が続いたが、米国は24日に中止を発表した。しかし、米ホワイトハウスやシンガポール政府は報道機関向けに取材申請の案内を出すなど準備も進めていた経緯があり、予測困難な両首脳のキャラクターもあって会談見通しは諸説紛々だった。(編集委員・上田勇実)

 金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談に臨むトランプ米大統領について最近、ワシントン界隈(かいわい)では心配する声が上がっていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ