世界日報 Web版

暴走する性教育、生命の尊厳より「避妊」「中絶」


800

 足立区教育委員会によると、授業内容は年間計画として事前に提出されており、区教委は許可を出している。保健体育の学習指導要領としては問題があるが、総合の授業ならば問題はないという認識で、担当者は「ただ避妊や中絶を教えるのでなく、生命を尊重することの大切さや相手を思いやることを学ぶ授業だ」と語る。

 だが、授業では、パートナーの男女がお互いを思いやることの大切さは語られたが、生まれてくる生命の尊厳についてはほとんど触れず、むしろ妊娠を性交する上での「リスク」として終始扱った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ