世界日報 Web版

迷走する「男女共同参画」、 文科省の組織再編案にリベラル系女性団体が反対


文部科学省

 文部科学省は昨年11月、来年度実施する組織再編で「男女共同参画学習課」を新設する「共生社会学習推進課」へ統合する案を発表した。これに対してリベラル色の強い女性団体や一部の国会議員、研究者などが反発。文科省は統合の方針は変えないものの、名称は「男女共同参画・共生社会学習推進課」と修正した。「男女共同参画」行政の現場で何が起きているのか。(社会部・石井孝秀)

 当初の名称変更の方針が明らかになると、意見交換会などの集会に訪れた国会議員などからは、統合により業務が増えることで「男女共同参画に注力できるエネルギーが減るのではないか」という懸念の声があった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ