世界日報 Web版

哲学ある男女平等政策を 大泉氏


300

元厚生省児童家庭局企画課長、元衆議院議員 大泉博子

哲学ある男女平等政策を

 1990年代から2000年初頭にかけて盛り上がりを見せた「男女共同参画」への取り組みは、今や完全に下火になっている。それは男女共同参画が、社会で活躍するエリート女性向けの内容で、大多数の一般家庭や地方で暮らす女性たちサイレントマジョリティーの意見を汲(く)み取っていなかったからだと思う。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ