世界日報 Web版

再考・日本の国防 対テロ戦見据えた軍事プロ抜擢


矢野義昭

トランプ・ショック 再考・日本の国防(1)

岐阜女子大特別客員教授 矢野義昭氏に聞く

 トランプ次期米大統領は、日米同盟の片務性を批判し、日本の核武装にも言及するなど、わが国の防衛論議に大きな一石を投じた。中国による尖閣諸島への侵攻の懸念も指摘される中、核・ミサイル問題、情報戦など安全保障を専門とする岐阜女子大特別客員教授の矢野義昭氏に今後の日米軍事戦略の展望を聞いた。(聞き手=政治部・小松勝彦)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ