世界日報 Web版

西表島拠点の防災訓練 、反対活動家の姿は一切なし


800

 沖縄県主催の総合防災訓練が9月3日、石垣島から25㌔離れた西表島(竹富町)で行われた。八重山諸島南西沖で地震が発生し、それに伴う津波が襲うという設定。防災訓練は総合本部が設置された西表島を拠点に、石垣島、竹富島、小浜島、鳩間島、黒島、新城島、波照間島といった八重山諸島の広域が舞台になった。

 西表島のメイン会場では、震災によって倒壊した家屋の片付けや土砂に埋もれた車両の救出作業が、洋上では津波で流された人をヘリで救出する訓練も行われた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ