世界日報 Web版

伊勢志摩サミット 外交安保、 「南シナ海」で対中結束なるか


800

 安倍晋三首相が議長を務める主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)が26、27の両日、三重県志摩市で開かれる。不透明な世界経済の先行きやテロ・難民問題、南シナ海の海洋安全保障などについて、普遍的な価値観を共有する先進7カ国(G7)がどこまで結束して対処できるか。また、最後のサミットとなるオバマ米大統領の広島訪問にも注目が集まる。サミットの焦点を探ってみた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ