世界日報 Web版

スノーボードの表彰式、平野歩夢と平岡卓に授与


平野「どのメダルより重い」、平岡「家族に見せたい」

スノーボードの表彰式、平野歩夢と平岡卓に授与

スノーボード男子ハーフパイプの表彰式でメダルを手にする(左から)銅メダルの平岡卓、金メダルのポドラドチコフ、銀メダルの平野歩夢=12日、ロシア・ソチ(時事)

 ソチ五輪のスノーボード男子ハーフパイプで銀メダルを獲得した平野歩夢(バートン)と銅メダルの平岡卓(フッド)が12日、五輪公園で行われたメダル授与式に出席した。大勢の観客の前でメダルを首に掛けられ、平野は「今まで取ったどのメダルより重い。式も五輪という雰囲気が出ていて感動した」と話した。

 日本の冬季五輪史上最年少メダリストとなった15歳は、数多くの取材対応に疲れ気味。「友達とご飯を食べて、家族と過ごしてリラックスしたい」と語った。

 平岡はメダルを手に取って、ようやく実感が湧いてきたという。表彰台では笑顔を見せ、声援に手を振って応じた。「今まで支えてくれた人に感謝の気持ちでいっぱい。家族に見せてあげたい」と、うれしそうに話した。

 ともに3月上旬に米国で行われる大会にエントリーしているが、出場するかどうかは未定という。(ソチ時事)