世界日報 Web版

米中争覇、宇宙にまで発展


茅原 郁生

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

 年初に中国が月の裏側に衛星を軟着陸に成功させたニュースが報道され、今後、宇宙開発をめぐる米中角逐の激化を予測させた。周知のように米中間では昨年来、貿易戦争の危機が反復されてきたが、その様相は貿易赤字解消をめぐる紛争からファーウェイ事案のように新技術をめぐる米中覇権争いの新局面が浮上していた。その後、中国のサイバー攻勢など対中警戒感が高まる中で、米中角逐は宇宙開発の分野にまで拡大してきたことになる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ