世界日報 Web版

試練の年迎える日本外交


遠藤 哲也

日本国際問題研究所特別研究員 遠藤 哲也

 今年の国際情勢はどのように展開していくのだろうか。その中で、日本はどのように外交の舵(かじ)を切っていくべきなのか。国際政治は、一寸先は闇のようなところがあり、特に権威主義的な指導者が多くなってきていること、世界的にポピュリズムの台頭などから、不確実、不安定になってきているので、見通しが難しくなってきている。だが、あえて言えば、今年は昨年よりも一層、流動的かつ激動な年になろう。

 上記の前提の上、日本外交にとって最も重要な幾つかの国について占ってみたい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ