世界日報 Web版

日露国境線の変遷と北方領土


濱口 和久

拓殖大学大学院特任教授 濱口 和久

 11月14日、安倍晋三首相はシンガポールでロシアのプーチン大統領と会談した。「1956年の日ソ共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させる」ことで両首脳は合意。日ソ共同宣言では平和条約締結後、「歯舞群島、色丹島」を返還することになっていたが、今回の安倍・プーチン会談では、これに「+α」とするとしている。現時点では、「+α」の意味するところは明らかになっていない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ