世界日報 Web版

パワハラ問題の頻発に思う


久保田 信之

NPO法人修学院院長・アジア太平洋学会会長 久保田 信之

 女子レスリングで五輪4連覇を果たし国民栄誉賞を受けた選手がパワーハラスメントを受けたとして、関係者が内閣府に告発した事件以後、アマチュアボクシング界での事件、日大アメフット部での事件、さらには体操協会を揺るがす事件等々を全てパワハラ問題として騒ぎを大きくしている、この風潮に疑義を感ずるのである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ