世界日報 Web版

日本に欠ける姉妹都市戦略


ロバート・D・エルドリッヂ

エルドリッヂ研究所代表・政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

 筆者はこれまで、45カ国を訪問した。最近では、3週間の家族旅行で6カ国を訪れている。

 これらの国の3分の2以上は、1990年に日本に移住してから訪れたものだ。それ以前は、国際関係を専攻する貧しい学生で、小銭をコツコツと貯(た)めては旅行していた。卒業後は、就職で得た収入で、できるだけ多くの場所に旅行することにしている。これについては、2017年5月23日付本欄の「若者よ、世界を旅しよう」を参照してほしい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ