世界日報 Web版

道義なき国に落ちぶれた日本


久保田 信之

NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

 最近の世相を見ていると、『道義』という言葉がなくなったように思えてならない。健全な社会の秩序は「法律と道義」で維持されており、「道義こそ法律以上の役割を持っている」と日本人の多くは暗黙の常識として保持してきた。法律では禁じられていないが、やってはならないこと、法律では義務付けられていないが、進んでやるべきことを、誰から強制されたわけでもなく、まさに自然と「汚いことはしない」道義心を持つよう育てられて、それぞれが「○○らしいおとな」になって社会生活を安定させていたのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ