世界日報 Web版

菅実秀と西郷「徳の交わり」、戊辰戦争終戦時の奇跡


菅 秀二氏

庄内藩中老・菅実秀の玄孫 菅 秀二氏に聞く

戊辰戦争で庄内藩が降伏した時、藩主の酒井忠篤(ただずみ)は若かったですね。

 満15歳です。藩校の致道館で行われた降伏式には白装束で臨みました。官軍参謀の黒田清隆は、降伏条件を伝えるまでは上座にいたのですが、その後、下座に降りて忠篤を上座に着かせ、事後のことについて話をしたそうです。黒田が話した寛大な措置は藩士らを驚かせました。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ