世界日報 Web版

沖永良部島と西郷隆盛、島で成熟させた「敬天愛人」思想


宗 淳氏

鹿鹿児島県和泊町・西郷南洲記念館職員 宗 淳氏に聞く

銅像の西郷が座禅している牢屋のそばにある胸像の人物は?

 西郷の横目(監視役)になった薩摩藩士の土持(つちもち)政照と、西郷の塾の教え子・操担勁(たんけい)です。土持は島役人で豪農でもあり、父親が薩摩の役人であったため薩摩の言葉を話せました。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ