世界日報 Web版

法と秩序が乱れた2017年


ペマ・ギャルポ

拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ・ギャルポ

 人間社会において平和で仲良く共存していくためには、法と慣習によって秩序が守られていることは、言うまでも無く大切なことである。「法」は違反したものに対し懲罰や罰金などを科すことによって公正な社会を維持している。これは国内の問題に限らず国際社会についても同じことが言える。2017年はそのような意味で法と秩序が大きく乱れた年であったように思う。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ