世界日報 Web版

田舎暮らしを考えてみる


宮城 能彦

沖縄大学教授 宮城 能彦

 調査や学会などで、いわゆる「田舎」に行くことが多い。そこでいつも感じることは田舎の人たちの親切さと勤勉さである。

 調査をさせてもらっている私がお世話になっているのにもかかわらず、「これおいしいから食べて」「これお土産に持って行って」と手作りのお菓子や野菜や果物をもらうことも多く、いつも恐縮している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ