世界日報 Web版

日本は国連改革の先頭に立て


ペマ・ギャルポ

拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ・ギャルポ

 このたびアメリカ合衆国とイスラエルがユネスコから脱退すると報道された。その理由としてはユネスコがパレスチナ問題に関し、政治的中立を失った行動を取ったことに対する抗議の行動である。アメリカは以前、1984年にも1回脱退しているので驚きはしなかった。むしろよくやったという感じもある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ