世界日報 Web版

欧米列強こそ対外進出の先駆


尾関 通允3

経済ジャーナリスト 尾関 通允

 史上に名高い「阿片(あへん)戦争(1840~42年)」は、当時は清朝が支配していた中国と、中国に阿片を輸出していたイギリスとの戦いである。この当時、イギリスでは茶を飲む習慣が広がって、大量の茶の葉を中国から輸入しており、その代金として中国に対する銀の支払いが増大していた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ