世界日報 Web版

占領改革を担ったユダヤ系


佐藤 唯行

戦後日本民主化に影響

獨協大学教授 佐藤 唯行

 連合軍の日本占領により数千人ものユダヤ系が占領軍将兵、GHQ(連合国軍最高司令部)文官として来日した。

 日本史上未曽有のユダヤ・ラッシュの始まりだ。これはルーズベルト政権の御家の事情による。同政権は多くのユダヤ系を文官に登用してきたので、その一部が日本占領統治に動員されたというわけだ。当時、プロテスタント系エリート白人(ワスプ)の多くが共和党支持だったため、民主党のルーズベルトとしてはワスプ以外の高学歴人材も官僚に登用せざるを得なかったのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ