世界日報 Web版

日本の安保政策転換とASEAN


櫻田 淳

問われる「安心」の提供

東洋学園大学教授  櫻田 淳

 米国紙『ウォール・ストリート・ジャーナル』(2014年5月14日付)は、中国の海洋進出を題材にして、「海洋における中国の制止されざる権勢」と題された社説を掲載した。

 この社説は、「中国指導部の一貫した姿勢は、ウラジーミル・プーチンのそれと同様に、領域に絡む報復主義が地球規模で盛り上がった業であることを鮮明に示している」という文言で締め括られている。そこには、中国の海洋進出の「現状」に対する強い危機意識が、表明されているといえよう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ