世界日報 Web版

並大抵でない食文化の理解


金子 民雄

捕鯨、イルカ漁に説明を

歴史家 金子 民雄

 このところおかしなことに、日本の食文化についてふれたニュースが多くなったようだ。たしかにいくら文化人だからといって、日本で生活する日本人が1日3食洋食で済ますということは多くはないであろう。日本食を日本語で書けば「和食」でなにか宥和的であるが、外国人、といってもごく一般的に欧米人にとって、和食は最近まで縁遠い存在だったろう。寿司でもそうだった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ