世界日報 Web版

エゾシカの利活用、肉を北海道の特産品に


水沢裕一氏

NPO法人エゾシカネット理事長 水沢裕一氏に聞く

北海道においてエゾシカによる被害とはどのようなものなのでしょうか。

 エゾシカによる農業被害や森林被害はつい最近のことではなく、かなり昔から報告されていました。エゾシカによる樹皮剥ぎ、角の生え変わり後にみられる角擦りなどといった森林被害や農作物を食い荒らす農業被害が後を絶ちません。エゾシカの生息数はピーク時の平成22年度が68万頭、それ以降は減少していますが、それでも平成28年度には45万頭と推定されています。被害額もおよそ40億円に上ります。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ