世界日報 Web版

映画「女を修理する男」、「安価な武器」としての性暴力告発


ティエリー・ミシェル氏

ベルギー人映画監督 ティエリー・ミシェル氏に聞く

映画「女を修理する男」を撮るきっかけはどういうものだったのか?

 私は既に29の映画を作っているが、コンゴに特化したものが結構多い。パンジ病院長デニ・ムクウェゲ氏の物語を撮った「女を修理する男」は、コンゴで作った映画では10番目の映画となる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ