世界日報 Web版

絢子殿下御婚約、「すてきな御縁」心から祝福


 高円宮家の三女絢子殿下が、日本郵船社員の守谷慧さんと婚約されることが内定した。お二人は記者会見で「笑いの絶えない、明るい家庭を築いていきたい」と抱負を語られた。さわやかなカップルの誕生を心よりお祝い申し上げたい。

久子殿下が紹介される

 絢子さまは1990年9月、故高円宮殿下と久子殿下の三女として御誕生。2016年に城西国際大学大学院の修士課程を修了され、宮中行事や地方御訪問などの御公務に加え、同大学福祉総合学部研究員として勤務しておられる。守谷さんは元経済産業省官僚の治さんと妻季美枝さん(15年死去)の長男で、慶応大学文学部卒業後、09年から日本郵船に勤務し、今年3月からは途上国の子供の自立を支援するNPO団体「国境なき子どもたち」の理事もしている。

 お二人の御縁は、久子さまがこのNPO団体の専務理事だった季美枝さんと親交を持たれていたことに始まる。久子さまの御紹介で、お二人が初めてお会いしたのは昨年12月。絢子さまは「優しくスマートで、決断力のあるところ」に魅力を感じられ、御結婚を前提に交際を始められた。「両母親のつないだ、すてきな御縁だったのかなと思います」と語られた。守谷さんは「誰に対しても温かく接する優しさに心を強くひかれ、次第に生涯を共にしたいという気持ちが芽生えました」と話した。

 久子さまは「出会いからあまり時間が経(た)っていないのですが、二人でしっかりと意思確認をしており、相性がとてもいいように感じます」と御感想の文書を寄せられた。「亡くなったお母さまの、深い愛情をもって世界の子供たちと接するお姿を思い出すと、そのお母さまに育てられた御子息はしっかりとした価値観をもつ優しい青年であろうと思い、結婚に賛成いたしました」とも述べておられる。

 高円宮殿下は日本サッカー協会名誉総裁を務められるなどスポーツ振興や国際親善に尽くされた。絢子さまも学習院女子高等科ではスキー部に所属され、城西国際大学ではサッカー部のマネジャーをされた。カナダにも留学され、高円宮殿下に次いで久子さまが務められた日加協会の名誉総裁職を引き継がれた。守谷さんも英オックスフォード大学に短期留学し、海外赴任や「国境なき子どもたち」の活動で海外を訪れる国際派だ。

 「二人の経験してきた様々なことが、将来、国際交流や福祉、スポーツ、教育など宮様が大切にされていたことに繋(つな)がっていくのかもしれません」と久子さまも期待されている。

 結婚式は10月29日に行われる。御結婚によって、絢子さまは皇籍を離脱され民間人となられる。皇族の減少、公務の担い手不足を危ぶむ声もある。菅義偉官房長官は「いろんな意見があり、国民のコンセンサスを得るには十分な分析と検討、慎重な手続きが必要だ」と述べた。

「女性宮家」創設は短絡的

 女性皇族が御結婚後も公務を継続される制度などは検討するに値すると思われるが、「女性宮家」の創設は短絡的な発想である。「女系天皇」につながるもので、「男系男子」に限ってきた伝統を危うくしかねない。