世界日報 Web版

自衛隊「加憲」への提言 9条そのまま残し新章条項を


自衛隊根拠9条と別に

 6月4日付読売新聞によれば、日本維新の会の創設者で党法律顧問の橋下徹・前大阪市長は、憲法をテーマに読売新聞のインタビューに応じ、自衛隊の根拠規定を加える安倍首相(自民党総裁)の改憲案について、「9条とは別条項」で明文化すべきだとの考えを示した。戦争放棄などを規定する9条を堅持する姿勢を明確に示す狙いからだ。

 橋下氏は、戦争放棄をうたった9条1項、戦力不保持を定めた2項を維持した上で、自衛隊の存在を明記する安倍総裁案に賛意を示した。この際、「9条とは別条項」とすることで「9条には指1本触れていないというメッセージにもなる」と語った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ