世界日報 Web版

サミットに安倍外交結実 米の最も重要な同盟国に


関係深化で広島訪問

 5月27日、現職米国大統領として初めて、オバマ大統領は被爆地・広島を訪問した。所感を述べた後、大統領は被爆者代表の2人の元へ歩み寄り、握手をしながら耳を傾け言葉を交わした。それはかつて干戈(かんか)を交えた日米両国の和解と同盟関係の深化を象徴するかのような感動的な一幕であった。

 2日間にわたって行われた伊勢志摩サミットは、この米大統領の歴史的な被爆地訪問という見せ場を大団円(だいだんえん)として閉幕し、賑々(にぎにぎ)しいサミット関連の報道も一段落となった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ