世界日報 Web版

贅沢三昧の北朝鮮独裁者


浪費は既に父の2倍以上

 北朝鮮国防委員会第1委員長の金正恩は2013年に、高級時計など約2億7000万㌦の贅沢(ぜいたく)品を輸入し、自分と妻の李雪主(リソルジュ)の豪華な生活に使い果たした。その一方、三代世襲政権の絶対的な抑圧統治体制を維持するために、贅沢品を幹部に与える「贈物政治」で党や軍幹部ら側近の忠誠を繋(つな)ぎ止めると同時に、抵抗と裏切りを予防している 。

 金正恩政権がこの1年間に輸入した贅沢品は、液晶ディスプレイ(LCD)3690万㌦、化粧品389万㌦、高級タバコ5647万㌦、スカーフ類18万㌦などだ 。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ