世界日報 Web版

儒教文化、日韓の起点に違い


姜在彦

士人の国、隣の国

朝鮮近代史、思想史家 姜在彦氏

 韓国は日本と同じ東アジアに位置し、距離的に日本から最も近い国である。しかも同じ儒教文化圏にあるものの、融和と対立を繰り返しながら異なった歴史を歩んでいった。その根底に儒教に対するとらえ方の違いがあったと朝鮮近代史・思想史家の姜在彦氏は指摘する。11月2日に開かれた駐札幌大韓民国総領事館開館50年記念講演会の講師として招かれた姜在彦氏が「士人の国・隣の国」と題し、歴史を通して日本と韓国の交流の在り方を語った。その要旨をまとめた。(札幌支局・湯朝肇)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ