世界日報 Web版

オスプレイ配備で「負担」軽減


ロバート・D・エルドリッヂ

エルドリッヂ研究所代表・政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

 前回の論点では、2月24日に行われた沖縄県民投票を前に、その対象になっていた辺野古移設案の問題点をはじめ、政府が沖縄県に約束したが守らなかったとされる「普天間飛行場5年以内運用停止」について論じた。さらに、即時ないし数年以内に完成できる代案を詳しく紹介した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ