世界日報 Web版

全戦没者20万人の起源、誤謬を重ね死者増やす


歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
上原 正稔 (47)

 1946年1月15日、アメリカ海軍軍政府は沖縄本島の人口調査結果を発表した。32万6625人であった。沖縄諮詢(しじゅん)会は44年2月の沖縄本島の人口49万2128人から46年1月の本島人口を差し引いた16万5503人を全住民戦没者数と推定した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ