世界日報 Web版

厳しい台湾海峡の安保情勢 沖縄と台湾は平和守る最前線


厳しい台湾海峡の安保情勢 沖縄と台湾は平和守る最前線

平和祈念する金門島視察を/媽祖廟を建立し文化交流深化へ

 沖縄を初訪問した台湾の呂秀蓮元副総統はこのほど、世界日報のインタビューに応じ、沖縄と台湾の親密な交流が、両岸関係や東アジアの平和と発展に寄与するとの考えを示した。(聞き手・豊田 剛)

 ――初めての沖縄訪問ではまず、糸満市摩文仁の平和祈念公園にある台湾人戦没者慰霊塔を訪れた。

 地上戦を経験した沖縄は平和の象徴的な場所として認識している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ