世界日報 Web版

辺野古埋め立て問う県民投票 県議会「3択」可決も自民割れる


辺野古埋め立て問う県民投票 県議会「3択」可決も自民割れる

普天間危険性除去には触れず 「どちらでもない」は棄権と同じ

 2月24日に投票される沖縄県名護市の辺野古埋め立ての賛否を問う県民投票を巡り、同県議会は29日の臨時会で、選択肢を「賛成・反対・どちらでもない」の3択にする改正条例を賛成多数で可決した。ただ、不参加を表明した5市長の一部は県議会の全会一致を求めており、依然として事態は流動的だ。(沖縄支局・豊田 剛)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ