世界日報 Web版

「社の方針」で連載中止、表現の自由奪った新報


歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
上原 正稔 (37)

 1996年6月に筆者が発表した「沖縄戦ショウダウン」の中で、沖縄タイムスの『鉄の暴風』を徹底的に批判したことがあった。その時、タイムスとライバル関係にあった琉球新報の記者たちは「よく書いたな」と喜んでくれたものだが、2006年には事情が一変していた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ