世界日報 Web版

辺野古埋め立て問う県民投票に宜野湾市議会も反対


辺野古埋め立て問う県民投票に宜野湾市議会も反対

普天間固定化に直結、危険性に苦しむ市民を置き去り

 米軍普天間飛行場の移設先となる名護市辺野古への移設の賛否を問う県民投票条例をめぐり、同飛行場を抱える宜野湾市議会(上地安之議長)は、同条例に反対する意見書を賛成多数で可決した。反対は石垣市議会、うるま市議会と合わせて3例目となる。(那覇支局・豊田 剛)

 宜野湾市議会12月定例会開会日の4日、与党が県民投票に反対する意見書を提出した。県民投票は辺野古沖の埋め立ての是非を問うもので、来年2月24日に実施が予定されている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ