世界日報 Web版

空手ツアーで海外観光客増を 初の五輪正式種目を弾みに


空手ツアーで海外観光客増を 初の五輪正式種目を弾みに

那覇市と豊見城市で「第1回沖縄空手国際大会」

 沖縄の伝統空手・古武道の「型」を競う「第1回沖縄空手国際大会」(主催・同実行委員会、県、沖縄伝統空手道振興会)が1日から7日間の日程で、那覇市の県立武道館と豊見城市の沖縄空手会館で行われた。世界50カ国・地域から競技に約1200人、沖縄空手セミナーと合わせて約2300人が参加した。2020年の東京五輪で空手が初めて正式種目に採用されることを弾みに、沖縄の空手を海外観光客を取り込む柱に据える取り組みも行われるようになった。(那覇支局・豊田 剛)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ