世界日報 Web版

自衛隊配備「一定の理解得た」 「遅くない時期」に判断示す


自衛隊配備「一定の理解得た」 「遅くない時期」に判断示す

厳しさ増す尖閣防衛、県の辺野古反対で市政にしわ寄せ

 陸上自衛隊の南西諸島配備が進む中、石垣島はいまだ配備受け入れを表明していない。安全保障に理解を示す中山義隆市長が3月に3選を果たしたことで、配備に向けた動きの加速が予想される。3期目に当たり、自衛隊配備の見通し、行政区域である尖閣諸島の現状などについて聞いた。(聞き手・豊田 剛)

 ――市長選では、保守分裂となり、三つどもえの戦いを制した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ